結婚相談所ですぐ決まる人の特徴3種!!

結婚相談所に登録したけどなかなか出会いがない
または登録してみたいけどどのくらい期間が必要なのかわからなくてプランが決められない
結婚相談所に関してこんなお悩みをもっている方が多いようですね。

今回は結婚相談所に登録してから結婚が決まるまでの平均期間と、すぐ決まる人の特徴を調べてみました。

結婚相談所で結婚相手が決まるまでの平均期間は?

まず、結婚相談所で成婚するまでの期間はどのくらいなのか
平均データを調べてみました。

結婚相談所で結婚が決まったまでの平均期間

それでは結婚相談所を介してめでたく結婚した人たちの平均期間を調査してみました!

3か月未満 7%
半年未満 13%
1年未満 19%
3年未満 29%
それ以上 32%

大体みなさん1年、または3年を区切りに結婚が決まらなかった方は退会する方も多いようです。

また、中には何度かデートをしたりしてお付き合いには至ったが、結婚はしなかったため継続している方も多かったです。

このデータは、一箇所だけにはこだわらず、複数の結婚相談所をまたいで利用した年数から算出しています。

結婚相談所で結婚が決まるまでの平均お見合い人数

それでは結婚相談所で、結婚相手となる人に出会ったまでの、お見合い人数を聞いてみました。

1人 2%
2~5人 17%
6~10人 13%
11~20人 29%
20人以上 39%

早く決まる人の特徴は?

平均とはいえかなり個人差があるようです。
ここで、結婚相談所のカウンセラーさんに、早く結婚が決まる人の特徴を聞いてみました。

結婚が決まるまでのスピードに容姿や年収などステータスは関係ない

ーやっぱり容姿のいい人が早く決まるんですか?

「容姿がいい方はお見合いにスムーズに進むので、確かにお見合いのスピードは速いですが
成婚のご報告に関してはそんなに大差ないですね。」

ーじゃあ、年収が高い人とか、国家公務員とか・・・?

「そうですね、お見合い相手としてすごく人気な方たちです!でも実は成婚率はそんなに高くないです。
そういうステータスがある方って、そういうステータスで判断されるのを嫌う方が多いのですが

どうしてもお互い他人同士だとそこが気になってしまうんですよね。

それで、お見合い回数は多くなることは多いですが、ステータスがある方から
お断りのご連絡が入ることが多いです。」

ーえーっ、じゃあ結婚相談所ですぐ決まる人ってどんな人なんですか?!

条件が顕著になっている人はすぐ結婚が決まる

「まずは自己分析ができている人が一番です。」

というのも、「なんとなく結婚したい」とか「適齢期だから」とか、曖昧なイメージで結婚相談所に来る方って多いんですね。

もちろんそれをカウンセリングで、「どんな家庭を築きたいか」「子供はほしいか」「譲れない点は?」などと話し合い
どんどん明確にしていくお手伝いをさせて頂くのですが
自分自身の気持ちに迷いがある方や、「あれもいいけどこれもいい」状態でまだ悩んでいる方は

どんな方とお見合いをしても、その先に踏み切れることが少ないのです。

「もうちょっといい人がいるかも」とか「いい人だけどちょっと違うな」

なんて思うのは当たり前ですが

自分の中で条件を決めておくと、とんとん拍子に決まることが多いです。

カウンセリングをしながら、すぐに結婚が決まった実際にあった例を聞いてみました。

実録!自己分析成功結婚パターン:37歳 A子さんのケース

37歳のA子さんは過去の恋愛経験は2回だけという割と慎重派。
年収は平均以下で実家住まいのため家事も苦手で、容姿も自分に自信もないという彼女の最初の希望は
「私なんかと結婚してくれれば誰でも」という腰の低い方でした。

ただ、実際にお話をしていくうちに「両親が心配だから遠くへ引越しはできない」「自分の家族も大事にしてくれる人がいい」
「お酒は好きなので一緒に飲めたらいいな」なんていう希望がでてきました。

A子さんはその希望を頭にいれて、「転勤がない人」「出身が近い人」「お酒を嗜む人」に照準を絞りお見合いをしました。
4人とお見合いをした後、お互いの意見が一致した人とすぐに結婚を決めたそうです。
理由は「私が望んだ3つの条件が叶っているから」
それだけの理由に聞こえるかもしれませんが、A子さんにとってはこの3つこそが結婚をする上で一番大切なことだったのです。

実論!自己分析成功結婚パターン:32歳 H美さんのケース

32歳のH美さんは明るい笑顔が印象的な愛想のよい女性で、友人のすすめで友人割引を利用して登録に来ました。
一般的にも非常に「モテそう」という印象のある彼女なので、多くは語っていませんがきっと色んな男性を見てきた方でしょう。
理想の男性は「年収が高い」「身長も高い」「長男はイヤ」「わがままも受け入れてくれる人」でした。

ですが、実際にこのリクエストを掘り下げてみると意外な事実がわかりました。
年収が高いとは具体的にいくらなのかを聞くと、H美さんは考え込んでしまいました。
「1000万とは言わないけど600万下るのはちょっと・・・いや700万・・・」
なぜ年収が高い方がいいかと聞くと、将来親に頼って生きるのは嫌だとのこと。
ところが、H美さん自身もすでにとあるお店の副店長という肩書をもっていたため、
そこまで収入が低くはなかったのです。

「あれ、そしたら別に親に頼らなくても普通に生きていけるのか。それじゃあ私より高い500万以上ならいいかな。」
と、年収のボーダーは500万円に。
高身長というのも自分がヒールをはいて超えたくないとのことで「172cm以上」という数字ができ、
そして「長男がイヤ」というのは親と別居がしたいという気持ちからでした。
中には次男や長女か両親と同居している長男もいることから、この希望も一概に長男を除くのは勿体ないとなり、
「親と同居をしなくてもいい人」という条件に変わりました。
「わがままを受け入れてくれる人」は末っ子のH美さんらしい要望でしたが、どんなわがままなのかを聞くと
「仕事は続けたい。趣味の海外旅行は続けたい。家事は一緒にやってほしい。」という希望が見えてきました。

この希望がでてくると、最初に対象になっていたのは

  • 次男以下
  • 年収1000万?
  • 身長180cm?

なんてイメージを受けましたが、実際には

  • 親と別居が可能な人
  • 仕事を続けさせてくれる人
  • 海外旅行に一緒に行けるまたは行かせてくれる人
  • 家事分担ができる人
  • 身長は172cm以上

と、だいぶ現実的になりました。

その後、1回目のお見合いで無事条件に合う人と出会えたH美さん。
なんとそのままほかの人とお見合いをせずに、結婚されました。

  • 「お互い海外旅行が好きで、毎年どこかの国に行こう」という話になったこと
  • お相手のお姉さまがすでにご両親と同居をされていたこと
  • 子供のころから家事のお手伝いをしていて、現在も自立した生活ができていた
お相手のこの3つのお話を聞いて、もうH美さんの中で迷いはなかったそうです。

「年収1000万とか身長180cmとか、なんとなくの憧れはあったけど、
自分の幸せを考えたときにそれはただの基準で、私の幸せじゃないと気づけました」というH美さん。

 

この事例からわかるように、なんとなく結婚相談所にいっても、
自分の幸せに必要な条件がはっきりとしている人は、お見合い相手を探す時点から
だいぶ絞って素敵な人を探せるようになりますし、
相手の悪いところよりもいいところを見つけられるので結婚が決まりやすいそうです!

相手だけでなくカウンセラーにも感じのいい人

「当たり前ですが、感じの悪い人と感じのいい人では、感じのいい人の方が早く結婚します。
それはお見合い相手だけではなく、カウンセラーに対してもだと思います。

カウンセラーも人間です。
正直なお話、お客様すべての幸せを願うべきではありますが、感じの悪い人には好感はもちづらいですし、
協力する気も失せてしまいます。

また、ご報告の約束があるにも関わらず、いつもご連絡がない方も一緒です。
社会人としての当たり前のことができている人のほうが
当たり前ですが結婚するのは早いですね。」

「正直カウンセラーをしていて、印象で「この人ちょっとな・・・」って思う人は結婚までの期間は長かったですし
「この人はきっと巡り合わせが悪くて独身なんだな」って思う人は結婚までの期間は短いです。
誰に対しても、感じが悪いとカウンセラーからのフォローもしづらくなりますので
相手を受け入れる姿勢は必ずもっておくといいですね。」

ーなるほどなるほど。結婚相談所にいる間だけでも、意識してみていくと変われますかね?

自分の気持ちに素直な人

「結婚相談所に来る人って、「結婚相談するのが恥ずかしい」みたいな意識が潜在的にあるんです。
なので、恥ずかしくて言えない願望があったりするとなかなか良い出会いも遠のいてしまいます。
プライドや、反対に自信のなさなどから本心をなかなか言えない方は
カウンセリングをしていても的確な答えが見つからなくて、ゴールまで長引いてしまいますね。」

ー確かにちょっと素直になるのは恥ずかしいところですが。

「もしも「素敵だな」と思うことがあればそのことを率直に、
「どうしてもいやだな」と思うことも遠慮なく、素直にお話頂ける人が成婚しやすくはなっています。
中にはいいなと思ってた人からお断りの連絡があったことで感情があふれ出し泣いてしまう方もいらっしゃいます。
ですが、そんな人ほど応援したいって思うのが人間です。(笑)
悲しい気持ちは共有して次へのばねに、いいご報告は自分のことのように喜ぶ、それが
カウンセラーの仕事なので、気持ちは正直にぶつけてきてほしいなと思いますね。」

早く決めるための心得は?

ずばり、結婚を早く決めるのはステータスではなく心得であることがわかりました。
改めて、私たちも結婚相談所ですぐ決まる人になるために
意識するべきことを聞いてきました!

素直に、ポジティブな姿勢で挑む

「結婚相談所にいくなんて売れ残り・・・」なんて思っていては勿体ない!
結婚相談所は恥ずかしいところではありません。
結婚をしたい人が結婚をするために一歩踏み出した場所です。

婚活している自分を卑下することなく、前向きに、
そしてお相手からのオファーや自分の感情には素直に、感じよく、意識していきましょう。

自己分析をしっかりと

  • なぜ結婚したいのか?
  • どんな結婚生活を想像できているか?

これらを自問自答するのが自分と向き合い、自分の中にある希望を顕著にしておくことが、結婚相談所ですぐ決まるため人になるための秘訣です。
ときには友達や家族の意見に耳を傾けるのもいいですね。

結婚のプロ、アドバイザーさんを味方につける

結婚相談のプロのアドバイザーさんには、特に感じよく!
ただし、なんでもイエスマンになるのではなく、自分の気持ちには正直に
恥ずかしいとかプライドとか、つまらないものを捨てて
味方になってもらいましょう!

成婚までの期間が早い結婚相談所は?

すぐ決まる人になる心得をしっかり得たら、今度はすぐ決まる結婚相談所を選びましょう!

口コミと上記条件から数ある結婚相談所の中で、一番成婚が早い選定した結婚相談所はハッピーカムカムです。

ハッピーカムカム:公式サイト
ハッピーカムカム

こちらはなんと半年~1年で半数以上の会員がゴールインという脅威のスピードを誇る結婚相談所です。
そして、最大の味方であるカウンセラーが同世代・かつ異性の方が担当になります
同世代の異性なんてちょっと恥ずかしいなんて思わず、
異性だからこそ話しやすく打ち解けやすいのも結婚がすぐ決まるポイントになっているようです!

すぐ決まったら嬉しいけど、やっぱり素敵な人と出会えるか不安・・・なんて、まだどこの結婚相談所が自分にぴったりなのか、迷ってしまう方にはこちらの記事もおすすめです。

結婚相談所のおすすめサービス9選を徹底比較!あなたに合う婚活はここだ!

2019年3月9日

まとめ

いかがでしたか?
実は結婚相談所ですぐ決まる人は、ステータスではなくその人の人柄や、自己分析の努力で決まっているようです。
みなさんも、自分の気持ちに正直に、自分に自信をもって
すぐ決まるように頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です