アラサー婚活記者ジーパンがゆく!伝説となった事件の婚活体験!

友人のほとんどのLINEアイコンが子供に変わり、

スタバのフラペチーノがキツくなってきた27歳の私です。

皆さんはそんな甘くてしょっぱい27歳をどうお過ごしですか?

今日は婚活歴3年の私が、

過去に衝撃すぎてもはや伝説となりつつある婚活話をしていきます。

きっとこの記事をここまで読んで閉じようとするアナタは損をすることになるでしょう。

だって、私の婚活人生の中で一番奇跡的で、衝撃的な出来事だったんですから。

私のアダ名はジーパン

申し遅れましたが私の会社でのアダ名はジーパンですww

仕事はライターで職場で女性らしい服装をすることがほぼなくて、デニムを毎日着ていたら、いつの間にか周りからジーパンの称号を与えられてしまいました。

気づけば最後に彼氏がいた夏なんかはもう遠ーい遠ーーーーーーい昔の話。

婚活を始めるきっかけは、里帰りするたびに年をとっていく両親の勧めでで渋々、

もともとあんまり乗り気じゃないから、誰と会っても、何も感じない日々が続きます。

そんなある日、衝撃の彼は突然やってきたのです。

出会い

いつも通り結婚相談所主催のパーティー会場に向かう途中で、電車の中の風景に1人だけ溶け込めない男性が1人。

ここはどんな人種も溶け込める埼京線。

終電でおじさんが大の字で寝ていても何故か周囲の景色に溶け込んでしまう魔法の空間

でも何かがおかしい。

だって明らかにお坊さんの服装(ボロボロ)にビジネスバック(背負うタイプ)に黒く煤けた白いナイキのスニーカー。

顔はどよんとしていて目があうのが怖いぐらい。

車両を移動するか迷ったけど、パーティ会場へはすぐだったのでなるべく目を合わさないように電車を降りて会場に向かいました。

アイツがいる!!

パーティー会場についてホッと、一息ついていると、

電車で違和感を放っていた男性がなんと会場にいるではないですか、、、

でも他の人もいるし、婚活パーティって大体1人ぐらいは、いろんな意味ですごい人が混じってるから、

しょうがないと思って迎えてしまった2人だけのトークタイム。

何を話せば良いかわからない私に向かって、斜め下から這うようにお坊さんの視線が上がってきて目が合った瞬間。。。

急に私の手をとって握らせてくるのはお札(おふだ)!?

咄嗟に手を振りほどき、お坊さんと無言で対峙していると、長かったトークタイムは終わりチェンジ。

他の男性の方との話でも、彼(お坊さん)がヤバすぎるってことで終始してしまうほどでした。

事件は突然に。

そんなトークタイムも何巡かしていると急に女性の悲鳴が。。

私はアイツが何かしたんだと直感し、その後彼の方を目で追うと、係りの男性数名に囲まれて会場を後にする彼が目に入りました。

会場は騒然として、司会の方も何が起こったかわからずオロオロ。

悲鳴をあげた女性の手元には私が握らされたのと同じお札が・・

その後長めの休憩が入り、異常な空気になってしまったのでパーティは急遽別日に変更するとのことでお開きになってしまいました。

衝撃の結末

さて長めの休憩中に私はお坊さんに手渡されたお札が気になって、開けてみることにしたんです。

丁寧に畳まれている紙をめくってみるとなんとそこには、、

住所と固定電話の電話番後が殴り書きで書いてありました。

彼は何がしたかったんでしょうか?

これは私自身が婚活で実際に経験した、いろんな意味で伝説となる衝撃的な体験でした。

後日談

この話を友人にすると、大抵は盛りすぎと言いますが

これでもショックを和らげるようにしているつもりなんです。

実際は9割り増しぐらいで怖いし。。

でこの婚活パーティーを主催していた結婚相談所ですが、マイナーなのもあって事件から1年後には潰れてなくなっていました。

その後私は大手の結婚相談所に切り替えて、最近やっと良い人に巡り会えた気がしている春です。

でここでの教訓なのですが、マイナーどころの結婚相談所はセキリティ面でもやや不安要素があるので、

やはり女性であれば安全を第一に相談所を選んだ方が良いでしょう。

もしあなたが今婚活アプリや、マイナーどころの結婚相談所を使っているのなら

安全面と成婚率が高い結婚相談所ランキングと結婚相談所の選び方を特集した

記事を読むことをお勧めします!きっと今より前向きな婚活ができると思いますよ。

結婚相談所のおすすめサービス9選を徹底比較!あなたに合う婚活はここだ!

2019年3月9日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です