【突撃】出会いパーティー100対100レポ!

夏はパーティーの季節!
365日出会いを求めている私たちですが、今回はシーズンにのって
出会いパーティーに乗り込んでみました!
今回は先日六本木で行われた出会いパーティーレポをお届けします!
今回は100対100の大規模パーティーです!
まだ参加されていない方も、これから検討している人も、
ぜひこの悔しい不完全燃焼レポをお読み下さい。

出会いパーティー参加メンバー

今回100対100の出会いパーティーへ、女性3名で突撃してきました!
私たちの編成は、自称コミュ力の塊の筆者と以下アラサー2名の計3名です。

・75人に1人の美人・ユカ<シンプルパンツオールインワン>
・癒しの巨乳・アキ<シフォントップス+パンツ>
実に強力なパーティーです。男性の目に留まること間違いなし!

出会いパーティースタート!

スタートは19:00。
今回は100人対100人の出会い目的異業種交流パーティーということで、男性はスーツ、女性はオフィスカジュアルからワンピーススタイルが目立ちました。
受付で会費を支払い、中に入ります。
受付スタッフの応対はとても感じがよかったです!
中はラグジュアリーな会場で、黒を基調とした壁紙に、シャンデリアが目立ちます。
この日の会費:女性2,500円/男性5,500円

その後ドリンクカウンターでドリンクを取ります。
フリードリンクなのでアルコールもありますが、簡易コップのため、美味しく飲むには程遠いかも…。種類もビールとカクテル数種類のみでした。

出会い1組目:有名電化製品メーカーのメンズ

中に入るとすでに交流している男女が多く、ひとまず様子見で端っこに座ろうとしたところ、早速スーツの二人組にお声がけいただきました!
お相手は背の高いスラッとした塩顔と、背の低いオダギリジョー似の2人組の男性で、4人で来ているそうですが、動きやすいように2対2で行動しているとか…
なにやら上級者な匂いがします!

こちらでは75人に1人の美人・ユカが対応して聞き出すと、
どうやら上場電化製品メーカーの営業マンでした。高年収は期待できます!
仕事帰りにみなさん立ち寄られたそうです。
私たちは初めてで、なにをしていいかわからないことを伝えると、
「とりあえず、いろんな人と話してみたらいいよ!こんなに人がいることって滅多にないから!まあ話しかけられると思うけどね!お互い楽しもうね!」
そんな感じで楽しく5分程会話をして、1組目終了しました。

彼らのステータスまとめ
・全員が近くの上場企業の営業マン
・平均年収は30歳で600〜700万円(年収調査調べ)
・とりあえず女には困ってなさそうなのでガツガツする様子もなく、様子見
(というか時間つぶし?)

出会い2組目:自称消防士のチャラ男

次にすかさず話しかけてくれたのは、スーパーノリの軽い3人組。
自称消防士で、まだ大学生ノリが抜けない25〜27の集団です。
マシンガントークで私たちのパーソナルスペースに土足で立ち入ってきました。
「3人ともいくつー?え、仕事は?」
「俺ら?公務員だよー。何の仕事でしょう〜?」
「じゃあとりあえず6人でBBQやっちゃう?」
75人に1人の美人・ユカのギブアップのサインで、彼らからの離脱を試みたところ
「え、どっか行っちゃう感じ?そしたらライングループ作っちゃう?」
と更に追撃が来たので丁重にお断りしてその場を離れました。
合計10分にも満たない時間だったと思いますが、かなり体力を吸い取られました。

彼らのステータスまとめ
・自称消防士の研修仲間
・消防士のため、大きな転勤もない安定の公務員
・ユカの予想、学生時代は真面目だった為、大人になってチャらくなってしまった痛いパターン

出会い3組目:一流製薬会社の営業マン

その後場所移動をして落ち着いた先で話しかけられたのはスーツの30代男性1人。
170cmくらいで物腰の柔らかい彼は、仲間がドリンクを取りに行ってるとのことで一緒に待つことに。
「今までどんな人たちと交流できました?」
「3人はどんなお友達ですか?」
と当たり障りのない会話をしつつ、お仲間の戻りを待って、全員で乾杯をし、
パーティー参加回数・職業・年齢・住まいの情報交換をしました。
総合的に一番楽しく、待ち時間も含めて10分以上お話をし、
ついにここで連絡先交換をし、この後一緒に飲みいく?という流れに…。
ところが、まだ決めるのは早いだろうという女性陣の判断で
連絡先交換のみに留めて別れました。

彼らのステータスまとめ
・製薬会社の営業(MR)でインセンティブによっては高収入
・出張だらけ(月の半分くらいは先生の付き添いとか)
・実はこっちと1組がデート期間中のため、ガチで出会いを求めていたっぽい!

出会い休憩:お手洗いで本音トーク

ここまで、長くお話ししたのは3組で、経過時間は移動も含めると50分。
まだパーティーは半分にも至っていません。
ところが私たちの体力は既に半分以下に…。
「ちょっと、トイレ行って休憩しない?」
「確かに、もう愛想よく笑ってるの辛い…。」
「この人混み、疲れるねー。」

と、10分間のインターバル休憩を挟み、戦場であるパーティー会場へ戻ったところ、先ほどよりも人数は人口密度は朝の東京の電車並みに。
よく考えたらこの会場、200人も入るキャパはありません。
考えてみれば、200人も入ったら身動きすら取れないほどです。

無念!出会いギブアップ

ユカ「ごめん、人多すぎて歩きづらいしイライラするし、街歩いてた方がよっぽどいいわ。」
私「確かに、イケメンどころか顔も見えないしね。」
アキ「さっきの3組目に連絡してみる?それとも、飲み行く?」
そんなこんなで、私たちの初のパーティーは終わりました。
滞在時間はおよそ60分。
まともにお話できたのは3組のみで、他の方はドリンクカウンターやお手洗いで
話すタイミングはあったものの、成立しませんでした(ごめんなさい…!)

出会いパーティーまとめ

今回の出会いパーティーは、2500円で100人に出会えてしかも飲み放題と、お得に聞こえますが
街コンなどよりもギュウギュウ状態で、とてもラグジュアリーな空間ではありませんでした。
100人はいましたが、かなり気合を入れないと、多くの人と出会うのは難しいです。
逆に、多くの人と交流できていたのは1人組の人が目立ちました。
3人組という私たちは論外でしたね。
次は、2人組、もしくは勇気を出して1人で乗り込みたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です